矯正歯科

矯正歯科とは

一昔前まで、矯正は器具を付ける事が恥ずかしかったり、日々の生活に不便が生じたりしてためらう方が大半でした。しかし現在では矯正器具をつけた人を見かける事も多く、矯正器具では無く乱れた歯並びに恥ずかしさを覚える時代になってきています。
厚労省の調査では、12歳から19歳の間で何らかの矯正が必要な状態の子供が約60%という結果が出ています。しかしながら矯正を行なっているのは約13%と、年々増えてきているとは言え、歯並びの悪いのを放置している方が多いのです。
美しい歯並びをしている事は一つのステータスとみなされ、子供の歯並びは親の責任とも言われています。

治療をするには

矯正治療をするには

もともと歯とはチカラを加えると、加えられた方向へ移動します。その習性を利用して歯に装置をつけ、持続的に負荷をかけて正しい位置に歯列を移動させます。

歯を削ったり被せ物をする治療法と違い、健康な歯を温存したまま治療できる事が一番のメリットです。時間はかかりますが、歯列を矯正する事によって、本来持つ咀嚼機能を取り戻し、健康を促進できると共に、虫歯や歯周病の予防にも効果があります。

また綺麗な歯並びになった事により笑顔が美しくなったり、食事が楽しくなったり、精神的にも明るくなったりする事が多くあります。

インビザラインでの治療

インビザラインの例

中川歯科医院では、インビザラインを使用した矯正治療を行っております。

インビザライン(Invisalign)とは、マウスピース型の矯正装置です。歯に装着して使用するのですが、薄く透明な素材のため目立ちにくく、周囲から気づかれることはありません。

また容易に取り外し可能なので歯磨きしやすく、衛生的にもご安心頂けます。一人一人オーダーメイドで作成するため、患者様の症状にあったインビザラインをご提供致します。