HOME > 口腔外科 > 歯牙移植

歯牙移植

自分の歯を欠損した歯の部分に移植する[歯の銀行]

歯牙移植とは

歯牙移植とは、虫歯などで抜歯の必要な箇所に、自分自身の歯を抜いて移植する治療法です。
移植する歯は主に智歯(親知らず)や第二大臼歯、歯列からはみ出ている第二小臼歯を使用します。抜歯した箇所に新たな歯を作る治療としてはインプラントが 主流ですが、歯牙移植は自分の歯を移植するため、感染の恐れも無く、また歯周組織が全て揃っているので、移植後矯正で歯列を整える事もでき、骨も作られます。

歯牙移植ができる状態なら、まず最初に歯牙移植を勧めます。

歯を失った時に人工のもの(インプラント)を付けるのでは無く、ご自身の歯を移植する事は、その後の患者さまの生活や歯の健康の上で、とても有効な治療です。
中川歯科医院では、やむを得ない場合を除き、まず歯牙移植ができる可能性があるかどうかを検討し、できるのであれば、歯牙移植をお勧めしています。自分の歯を残すという選択肢が増え、その後、矯正治療も行う事ができます。

歯牙移植が可能な条件

診療時間

アクセス

中川歯科医院
〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-12-10
八洋ビル5F
TEL:03-3346-8374

アクセスマップはこちら